水素水 効果なし セブンウォーター

水素水 効果なし セブンウォーター

hatena

 

セブンウォーター水素水って効果なしなのでしょうか?

 

セブンウォーター水素水の前に、そもそも水素水自体が効果なし?とも騒がれていますよね。

 

では、実際にセブンウォーター水素水や水素水自体って効果なしなのでしょうか?

 

このことについてなんですが、セブンウォーター水素水の前にまず水素水ってどんな効果が期待されているのか?

 

まず、水素水とは2007年に日本医科大学の太田教授の論文が医学誌ネイチャーメディシンに掲載されたことにより世界でもその後各地で水素の論文が発表されました。

 

日本でもこのころはテレビや新聞と各メディアが水素水で活性酸素を還元して身体が健康に!と騒がれていました。

 

その後、色々な会社が水素水を発売し始めましたが、以前発売されていた水素水の中には水素水とは呼べない商品もありました。

 

これは、購入して手元に届いた時には水素が抜けていてただの水になっていたって商品です。

 

水素は宇宙で一番小さい分子なので容器から抜けてしまいます。現在は水素が抜けにくいアルミパウチでの販売が主流となっていますが、アルミパウチ水素水も時間の経過とともに少しずつ水素が抜けてしまいます。

 

しかし、セブンウォーターは飲む前に水素水をつくるキットでの販売なので、こういった心配がないのがメリットです。その上、アルミパウチ水素水の平均水素濃度が1.6ppmぐらいのところ、セブンウォーターで水素水を作ると最大で7.0ppmの水素水ができあがります。

 

その上、セブンウォーター水素水の場合は溶存水素濃度判定試薬がついてくるので実際に自分で水素水の水素濃度を調べることもできるので安心もできるのです。

 

そして、水素水が効果なしと言われている理由は、こういったこと以外にも、現在はまだ医薬品として認可されていないってことも水素水が効果なしと言われる大きな理由だと思います。

 

医薬品として認可されていないので、薬事法の関係で水素水は効果があると断言することは禁止されています。

 

断言できないってことは効果なしなのではないか?

 

水素は目に見えないのでこういったことが水素水は効果なしと言われている大きな理由だと思います。